<< 大神 絶景版 その2 | main | DAME×PRINCE その11 >>
2017.06.26 Monday

大神 絶景版 その3

0

    ふぉぉぉぉおおおおい!ラストは泣きながらのボス戦だったよおおおお!

     

    大神絶景版をクリアしましたぞ。泣きすぎて鼻水が止まらんのだ。

    おかげで画面がよく見えなくて、ラスボスの攻撃をもろに喰らって危ないところだったよ焦った。

     

    カムイの猛吹雪を止めに入った神殿(名前が覚えられない)は、これまでの筆しらべをフル活用しての謎解きとアクションてんこ盛りでしたね。楽しかった!

    100年前のアマテラスは神々しいたたずまいで神様っぽかったw

    今のアマ公はすっとぼけて可愛いけど、オキクルミ狼のほうが体も大きいし、迫力負けしてる。しかしそれが可愛い。

    「初代」とか「先代」て表記になってたような・・・てことは「アマテラス」って代替わりすんのか?別の存在てこと?

    もしくは100年寝てる間に力も記憶も無くし・・・待てよ。そもそもアマ公は喋れないな。てことは喋ってないだけで、ぜんぶ分かってたのかな。

     

    最後のステージである舟へは虹を渡って入ります。

    そこでイッスンとの別れが・・・最初は無理やりついて来るし、うるさいし、勝手に話を進めるしで厄介な存在だったのに、一緒に行こうとするアマ公がすごく切なくて。いつの間にかパートナーとして絆が芽生えてたんだなあと目頭が熱く・・・ううう。

    中では事の始まりと、出てきた中ボスたちとの再戦が。あのさ、このメンツにエキビョウって・・・!九尾とかヤマタノオロチに混ざってエキビョウって!なんだかガッカリ感が半端ないのだがエキビョウ!(余計なお世話です)

     

    まあエキビョウはさておき、アマテラスがオロチと一緒にナカツクニに落っこちたと。

    そのときウシワカと頑張ったのだと。なんでおまえ最初からそう言わなかったんだよー100年も待ってたのに!素直じゃないなあ!

    そして大号泣ポイント、アマ公がいつものクセ?で感じるイッスンの決め台詞(幻である)と自分のやるべき事に気付くイッスンと、それに呼応して祈りを捧げるみんな。

    人助けやらお節介やらちょっかいで関わってきたナカツクニのみんなが、アマ公を支えて大きな力になってくれる。

    いやまじで涙があふれて危うくラスボスにやられるところでした。

     

    ナカツクニに平和を取り戻したアマ公とウシワカはタカマガハラを目指して宇宙船wで去ってゆきますが、この先も気になるなあ。絶対珍道中だよなw

    それにしても月の民はなぜ舟を贈ったのか、そしてなぜ妖怪が潜んでいたのか、そんでもってカグヤちゃんてどうなったのか。

    謎は残ります・・・きっと続編作るつもりだったんだろうね(DSのは続編じゃないよね確か)

     

     

     

    クリア後のギャラリーがボリューム凄すぎて嬉しい。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    TSUTAYA 30日間無料トライアル
    amazon
    PCでもスマホでも!
    緻密なグラフィックと圧倒的な世界観!
    正式サービス開始!
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM